スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年3月6日 聖なる諦め

昨日の『偲ぶ会』を終えて、ようやくCがこの世にいないのだと実感。
今日はひとしお、寂しさが増したよ。

弔辞を読んだ男性の言葉。

―Cさんを見ていると、なんというか、聖諦(せいてい)―聖なる諦め、と書きますが、この言葉が浮かぶのです。

初めて聞く言葉だったけれど、とても腑に落ちた。

Cは聖諦の人だから、どんな場にも馴染み、どんな人をも受け入れることができたのだと。
だから、人との付き合いを心から楽しみ、
みんなに愛され、愛する人だったのだと。

15年前に二つの癌を同時に患ってから、Cは聖諦の人になったんだと思う。

諦めと言っても、投げやりではない、ましてや無気力なのでもない、
むしろ逆。
まっすぐ前を見て、
すべてをしなやかに受け入れて、
純粋に生を楽しんだ。

それこそが、聖なる諦め、なのでは。

達観に近いかもしれないけれど、
それとも少し違うような。
なにかもっと、透明な感じ。


はあ~、ほんとに今日はとても寂しく、胸が詰まる思いなのだけど、
それでも私は、普通に暮らしている。

地域猫クロの来訪を待ち、
うちのアホ猫どもを可愛がり、
ピアノを弾き、
塾へ行き、
夫の晩御飯を作る。

この日常を、うんと大切にしないといけないね。

そして、そうそう、私は昨日誕生日だったのよ。
ついに、55歳。
まったく、マッハゴーゴーーーーー!!!ってかんじで歳取るんですけど~。

でも、歳取ることに感謝しなければならないね。
聖諦の人のためにも。

娘と娘夫から、お誕生日おめでとうのハガキが。
明日には粗品(?)が届くそうだよ。

感謝だ。
ほんとに、生きていることに感謝なんだ。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

noyo

Author:noyo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。