スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月4日 可愛さは、媚びではない。

今日も、クローズ間近の保護猫カフェはっぴーねこちゃんに、お掃除ボランティア行ってきたよ。

先週のことで、
結局、私の説得もむなしく、Tさんはボラを辞めてしまった…、

いや、ほんとは説得などしてないのだ。
だってボランティアだもん。
説得して戻ってきてもらう筋合いのものではないからね。

ただ、Tさんの考えて聞いた上で、あわよくば戻ってきてくれたらいいなと、
とそのくらいの気持ち。
聡明で冷静な若いTさんは、年長者である私への敬意と、
私がTさんとFさんの間に入っていることに対する気配りも忘れず、
そのうえで、
自分と、猫ボランティア活動の方向性の違うFさんとは一緒に活動できないって。
決意は固かったわ。

一方のFさんは、
それこそ地獄のようなひどい経験もなんども潜り抜けて来た猛者。
そのゆるぎない自信と信念を、若いTさんに方向性が違うと言われても、
…というところでしょう。

Fさんの欠点は、自分に自信がありすぎるゆえに、人の意見を聞けないところ。
ついつい強い口調になってしまうこと。
その自覚が充分にあるからこそ、若く聡明なTさんに去られたことは痛手なのよね。

私が、Tさんが戻らないことを伝えると、
あああ~って、天を仰いでいるもんだから、

―ねえFさん、あのときTさんに、もうちょっとやさしく可愛く言えばよかったな~って思います。

って言ったら、

―えええ。やっぱり私が悪いの? そうよねえ、私のせいよね。でも、可愛く、なんて私の辞書にはありませ~~ん。

人に媚びずに生きていた自信。
離婚し、子供2人を送り出し、自分で立ち上げた仕事で成功し一財を成し、
その財のすべてを猫に捧げ、
63歳の今も、ヘビーな猫ボランティア活動しながら、仕事もしている。
その仕事はどうやら、一度当たると何百万、もっと…?のお金が入ってくるような、
マグロ漁みたいな仕事らしいのね。

―だから今、猫のことだけでなく、常に仕事のことも頭にあるんです。今日だって4時起きで自宅の猫の世話をし、トラップかけた現場を見に行き、外猫のエサやりもして…。ここの立ち退きのこともあるから、粗大ごみシール1万円分、出しましたよ。でも、仕事も2つまとまりそうなんです。
・・もう尋常じゃないこと、わかっています。
でも、人の話なんて聞いている余裕がないんです。
おかげでみんなに嫌われて…。
忙しいというのは、心を亡くすって、本当ね…。

いやいや、
まだまだ信望者、協力者はたくさんいるから、Fさん。
それにこうやって私に愚痴ってるFさんは充分に可愛いんだけど。

可愛さすなわち、媚び?
必ずしもそうではないと思うんだけどな。



関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

noyo

Author:noyo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。